企業におけるデジタル活用を成熟させるための筋道

リーダーが実践するベストプラクティスから学ぶ

資本調達のしやすさ、チャレンジ精神、柔軟な雇用戦略など、これらの特性が、スタートアップの成功を後押しすることもあれば、同時に、これらの特性が、その成功を妨げる大きな要因となることもあります。

企業におけるデジタル活用の成熟度、つまり、デジタルマチュリティに関するIDCの調査によると、スタートアップおよび中小企業の24% が、ビジネス環境の急激な変化によって、業務形態や雇用の大きな方向転換を余儀なくされたことがあると回答しています。予測不能な事態への適応力が、収益性やビジネスの継続性、将来の成長を大きく左右するのです。
 

ダッソー・システムズでは ビジネスにおけるデジタル活用の成熟度を向上させるためのロードマップをご用意しています。デジタルマチュリティに関する IDC の InfoBriefレポート(英語) から、デジタルリーダーのベストプラクティスを学び、貴社ビジネスでのデジタル戦略の立案に、お役立てください。

  • スタートアップや中小企業が、どのようなデジタル戦略を持ち、どのようなITツールを活用しているか
  • デジタルリーダー企業と、そうではない企業の違い
  • デジタルリーダ企業が実践するベストプラクティス

ダウンロードはこちら

送信