クラウドソリューションを安全かつ高い信頼性を持って活用するためのアプローチ

ガートナーの調査より

毎日のように、情報漏洩のニュースを耳にするようになりました。情報漏洩などセキュリティ面への不安から、クラウドソリューションの導入を見送っている企業も少なくありません。しかし、情報漏洩の原因を探るとユーザ企業側のミスによるものが多く、ガートナーでは「2022年までにクラウド・セキュリティ障害の 95% はユーザ企業側が原因となる」と予測しています。

クラウド・プロバイダーのセキュリティ・ポリシーや運営体制だけに着目してクラウドの利用を判断してしまうと、クラウドのメリットを活かせなくなるだけでなく、企業ごとのセキュリティのベスト・プラクティスが確立できず、結果としてセキュリティに対する体制と耐性が弱体化してしまうと警鐘を鳴らしています。

ガートナーの調査「Clouds Are Secure: Are You Using Them Securely? 」では SaaS / PaaS / IaaSのそれぞれを、高い安全性と信頼性を維持しながら活用するために、企業が取り組むべき幾つかのステップを提言しています。このレポートをダウンロードして「ユーザ企業としての責任、行うべきこと」をお読みいただき、御社のクラウド活用にお役立てください。

  • どのようなデータを、どのような状況で、クラウドに格納するかを見極める
  • クラウド・セキュリティ、責任分担、リスクの許容範囲に関するポリシーを策定し、適用する
  • クラウド・プロバイダーが提供するセキュリティ・レベルとユーザ企業側のレベルを確認する 
  • SaaS、PaaS、IaaS それぞれの特長とメリットを理解する
  • セキュリティの管理と監視方法をセキュリティ保護に組み込む   

ガートナー、「Clouds Are Secure: Are You Using Them Securely?」(2019 年 10 月 7 日、Jay HEISER) 
 

ガードナーのレポート(英語)を読む

Get Started