世界レベルのクラウド版科学分野コラボレーションでより安全で持続可能な世界を実現

クラウドで科学者が簡単、安全に連携するための方法を紹介したホワイトペーパーをダウンロードの上ご覧ください。

(世界レベルのクラウド版科学分野におけるコラボレーション - テキスト1)

医薬品・医療機器、一般向けパッケージ製品、エネルギー・資源など、科学研究に携わる企業にとって、特に現在のように遠隔業務で連携をとることがかつてなく重要性を増す中、コラボレーションは重要な鍵となります。近年、科学研究企業は高まるコストやリスクの圧力に対処し、革新性を高めて自社の核となる能力に注力するために、研究チームの外部連携を進めています。各産業の製品研究開発モデルが完全統合された研究開発ネットワークへと急速に再構築される中、研究開発プロセスの大部分が外部の産業・学術パートナー、研究機関、コンソーシアム、医薬品開発受託機関(CRO)を通じて行われるようになっています。こうした急速な変化は、遠隔研究をサポートするシステムの導入に大きな変化をもたらし、これらのネットワークを効率よく運営するため、イノベーションを加速させて、製品開発のリスクとコストの削減を実現する必要があります。 

クラウド・プラットフォームの導入により、企業は共同研究プロジェクトの効率を向上させて、業務の俊敏性を高め、総所有コスト(TCO)の削減を図ることができます。 組織は、クラウド・プラットフォームを適切に評価・選択・導入する方法について、確信できないことが多々あります。

下記の情報を得るために「クラウド活用のリサーチ・インフォマティクス – 異業種間コラボレーション、俊敏性とTCOを向上」のホワイトペーパーをダウンロードの上ご覧ください。

  • ScienceCloud -  ビジネスとITの課題
  • クラウドのコラボレーション環境
  • 成功するクラウド・ソリューションのあり方

「科学者は常に知識を生み出すために連携してきましたが、データや科学情報の共有は時間のかかる作業です。しかし、革新的な治療法が求められる中、長い時間をかけるわけにはいかないのです。 新しい働き方、新しいプレーヤー、新しいテクノロジー、新しい治療モデルへの移行によって状況は変わりつつあり、今日の科学者はオンラインで、どこからでもすぐに連携をとることができます」

Claire BIOT
医薬品・医療機器業界、バイス・プレジデント

課題

これまでにないニーズに応える新しい革新的なソリューションを迅速に生み出すことが、ソリューションそのものと同じくらい重要視される産業において、科学研究企業は”情報の点をつなぐ”ことに苦慮しています。日常的に、組織内及び外部ネットワークから集約した知見を効果的に活かすことが大きな課題であり、適切な意思決定とイノベーションの加速のために正しい情報を利用することが要求されます。 

科学研究企業は、研究のための時間を増やさなければなりません。これを実現するには、リモートで共有と連携ができ、同時にWebやモバイル・デバイスからアクセス可能なアプリケーションのオープン・エコシステムを効率的に活用する必要があります。このようにして、かつてないニーズに応えるためのより包括的なコラボレーション戦略を実行することで、コストを抑え、最小のリスクで最大の価値を得ることが可能になります。 

ソリューション

革新的な科学者が利用するBIOVIA ScienceCloudは、研究、開発から品質管理までの共同で行う化学的イノベーションをサポートする拡張可能なクラウド・ソリューションです。ScienceCloudを利用する科学研究組織は、クラウドのセキュリティ機能と最小限のITサポートで安全、容易に連携が図れます。科学者はScienceCloudを使うことで、実験データや成果にどこからでもアクセスし、共有、対応ができ、一元化された情報リポジトリを通じて、材料在庫をクラウドでリモート管理できるため、利用可能な材料の追跡や新しい材料の調達が簡単に行えるようになります。ScienceCloudは、安全な情報ウェアハウスにプロジェクト中心のIPクラウドデータベースストレージを提供し、ネットワークパートナーが投稿した結果にスポンサービジネスルールを適用します。 

ScienceCloudを使用すると、組織は情報技術(IT)の間接費を最小限に抑えることができます。アプリケーションやサーバーの管理、アップグレード状況の追跡、パフォーマンスの維持やクラウドのセキュリティ管理のための内部ITスタッフが不要になることで内部リソースを有効に活用できます。変動するプロジェクトのニーズに応じて、仮想マシンを迅速に導入または停止することが可能です。SSL暗号化によるセキュア・アクセスは、ユーザーの場所を問わずシステムクラウドのセキュリティを担保します。ScienceCloudを利用する権限があれば、世界のどこからでも安全に効率よく共同で作業が行えます。

メリット

最も成果のあがる科学研究組織は、今日の変化する環境でコラボレーションに対応できる組織です。こうした組織は、分析サイクルの削減、プロジェクト期間の短縮、化学物質在庫管理や実験情報の収集・アクセス・共有を適切に行うことができます。科学イノベーションと研究実行および科学プロジェクト・コラボレーション分析を利用することで、外部と連携したプロジェクト全体の管理が可能になります。単一のビジネス・クラウド・プラットフォームにより、場所や時間を問わずに化学物質を正確に効率よく管理・報告できるので、組織は連携とイノベーションを加速させることができます。

サイクル・タイムの短縮 > 円ブロック・イメージ > ダッソー・システムズ

(世界レベルのクラウド版科学分野コラボレーション - 円ブロック1)

分析サイクル時間の短縮
最大50%

エラーの削減 > 円ブロック・イメージ > ダッソー・システムズ

(世界レベルのクラウド版科学分野コラボレーション - 円ブロック2)

エラーの削減
最大30%

在庫管理とコスト削減 > 円ブロック・イメージ > ダッソー・システムズ

(世界レベルのクラウド版科学分野コラボレーション - 円ブロック3)

最新の状態を維持する在庫管理とコスト削減
35%以上の削減

データ収集及び共有の時間短縮 > 円ブロック ・イメージ > ダッソー・システムズ

(世界レベルのクラウド版科学分野コラボレーション - 円ブロック4)

データ収集及び共有の時間短縮
最大80%

実際のビジネス・ストーリー

バイオテクノロジー革新のグローバルリーダーが統合されたラボ管理ソリューションを実装して、データサイロを接続しながら、データ、プロセス、知識を活用してより良い意思決定を行う方法をご覧ください。約2,000名の科学者と、その2倍もの機器やさまざまなシステムが複数の拠点に展開する一見困難な環境の中で迅速なイノベーションの試みがなされています。

「先々に実験データを解釈し直すとしたら、どうすればいいのか見当も付かないのではないでしょうか。しかし、BIOVIAを使用すれば、構造化されていない各種のデータが混在し、サイロで分断されるような制約は、今後の作業では発生しなくなります。」

科学部門ディレクター
グローバル・バイオ医薬品研究開発企業

ホワイトペーパーをダウンロード

送信