競争に打ち勝つ製造ラインを作る

...お客様と認識を共有できる体験が必要です
フィリップ・バーティソル
産業機械担当 副社長

工場生産ラインに組込まれる産業機械メーカーにとって、製造ラインの設計から構築、設置までの作業は複雑です。さらに一括請負い販売・納入することは言うまでもなく一段と複雑です。だからこそ、お客様が何を期待しているかを正確に把握し、期待通りの製造ラインを確実に提供できることを証明することが重要です。

設計と納品・設置作業の効率化 > 動画のサムネイル > ダッソー・システムズ

Webinar: 設計と納品・設置作業の効率化 ~お客様の期待通りのラインを確実に納品・設置

お客様の要望の製造ラインに合わせて個別カスタマイズの設計が要求される産業機械分野では設計工数と設置時の現地調整工数の増大が課題です。3Dデータの活用が製造ラインと機器動作のシミュレーションを可能にします。お客様の期待通りのラインを確実に納品・設置することが、サイクルタイムの最適化につながります。設計と設置作業の両方を大幅に効率化できる方法をご紹介します。Webinarへのアクセスは右側のフォームへご記入ください。 

企業規模によらず、デジタル変革を活かすことで、営業と開発の間、開発とサプライヤの間などの部門間で生じる設計やデータ非互換性の問題や仕様の齟齬を軽減することができます。例えば、工場生産ラインを受託する産業機械メーカーは、委託者と単一のプラットフォーム上で3Dデータを活用・共有することで、最終納品物の設計と生産ラインとしての製品性能をバーチャルリアリティやシミュレーションで事前に検証ができるのです。このような体験を通じて、委託の満足度を高めることができます。 生産ラインを提案する産業機械メーカーのビジネス課題とその解決策を具体的な導入事例を交えて本Webinarでご紹介します。

2 minutes 19 秒

お客様ごとの要求を満たす、スマートで柔軟性の高い製造ラインを今までにない高い性能レベルで迅速に実現

リアルな3D環境を活用すれば、引合から受注までの営業活動の段階で、工場ショップフロアのレイアウトを定義・検証ができ、まるで目の前にあるかのようなイメージでお客様と自社の設計者間で共有できます。

技術者は下流工程の計画やシミュレーション用に、仮想の機械装置を3Dで作成できます。生産技術の設計者は、単純なクランプからNC工作機や複雑なロボットまで、製造ラインで使用する機械、設備のすべてを事前検証、最適化することができます。

Webinarにアクセス

Webinarを視聴