医薬品・医療機器業界が成長するために解決しなければならない5つの課題

「未来に向けた準備は万全ですか?医薬品・医療機器をとりまく環境が変化するなかで準備すべきこと」を無料ダウンロード

「未来に向けた準備は万全ですか?医薬品・医療機器をとりまく環境が変化するなかで準備すべきこと」を無料ダウンロード

デジタル化、付加製造、機械学習、3Dモデリングなどテクノロジーの波が一気に押し寄せ、医療業界は変革の時を迎えています。新しい治療法の市場投入コストが上昇しており、収益を最大限確保しながらも競争をリードしなければならないというプレッシャーにさらされています。革新的な製品プログラムはリスクが大きい一方で見返りも大きいため、多くの企業は「業界初」となる革新的な治療法の開発に引き続き重点を置いています。

中でも最も革新的な活動は、患者の治療体験全体を改善する新たな配合戦略とデリバリー・システムへの転換である。例えば、複数の製品を組み合わせたハイテク大容量ウェアラブル・インジェクターは、治療現場を病院や診療所から患者の自宅に移行しています。これが新しい治療の成功に重要な役割を果たすのは明らかで、処方箋や数量を重視するアプローチから、予防と個別化を主軸とする治療への転換となります。

このような変化に対応するために、多くの医薬品・医療機器企業は自らの改革が必要だと自覚しています。加えて、「絶えず変化する規制」、「開発に要するコストと時間の増大」、「価格のプレッシャーと成果型経済モデルへの移行」などの5つの課題に直面しています。しかし、多くの企業では解決の準備が整っていないというのが現実です。

こうした課題の解決に向け、一部の企業ではデータ主導のプロセス監視ツールの導入が進み始めています。データ主導のプロセス監視によって、以下のようなメリットが期待できます。

  • 生産コストの削減
  • 供給の予測性の改善
  • 在庫の削減
  • トレーサビリティーの強化
  • コラボレーションの向上
  • 市場投入までの期間の短縮

このコンテンツでは、医薬品・医療機器企業が今後も成長するためのデータ活用プラットフォームがもたらす導入効果を業界が直面している課題別に解説しています。医薬品・医療機器に関わり、今後の方向性を模索する読者の皆さまには、ぜひ一読をお薦めするコンテンツです。

ダウンロードはこちら

ダウンロード